「若き花々の響き」募金 – 寄付の御礼

コロナ禍の続く中、皆様におかれましてはいかがお過ごしでいらっしゃいますか。お元気でお過ごしでしょうか。
先に「やまなみ」発送に際して、吹奏楽部の支援を目的とした第1回「若き花々の響き」募金へのご協力をお願いいたしましたところ、多くの皆様より多大なるご寄付を賜り有難うございました。

皆様のお力添えのおかげで目標の200万円を超えるご寄付が集まりました。同窓会はこの額に上乗せし、300万円を学校にお渡しするつもりでおりましたところ、故 岡野金之助 先生のご遺志(中学校の部活に役立てるようにとの)により残されていた100万円が、これを管理していた16期の宮澤広幸 弁護士から寄付されました。これにより総額400万円として「若き花々の響き基金」を発足することにいたしました。この基金は同窓会で管理して必要な額を学校に渡すこととし、収支については総会の折に報告させていただきます。
これにより継続的に吹奏楽部を始めとする生徒諸君の活動を支えることが出来ます。これも皆様方の貴重なお力添えの賜と深く感謝致しております。誠に有難うございました。

令和3年6月吉日
横浜国立大学教育学部附属横浜中学校同窓会
会長 伊東 通